ご注文の流れ
特定商取引法に関する表示

そのまま飲んでも、もちろんおいしい。ちょっとの工夫でもっとおいしく  
 

1.やかんに汲みたての水を入れて、火にかけ沸騰させます。5円玉くらいの泡がボコボ コ出ている状態が目安です。
2.紅茶をいれる前に、まずポットとカップにお湯を注ぎ、全体を温めておきましょう
3.温めたポットに、ティースプーン1杯(2〜3g)を1人分として、人数分の茶葉を入 れます。細かい茶葉は中盛、大きい茶葉は大盛にするのが目安です。
4.沸騰したてのお湯を人数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らして下さい。この時、沸騰 したお湯を勢いよく注ぐのがコツ。(1杯分150〜160mlが目安)
5.蒸らす時間は、細かい茶葉は2分半〜3分、大きい茶葉は3〜4分が目安です。(ミル クティーのときは、やや長めに)その間ポットにティーコジーやティーマットを使 うとさらに保温効果が上がります。おいしい紅茶をいれるには、温度を下げないこ とがポイント。
6.ポットの中を、スプーンで軽くひとまぜ。
7.茶こしで茶ガラをこしながら、濃さが均一になるようにまわし注ぎしましょう。"ベ スト・ドロップ"と呼ばれる最後の一滴まで注いでください。

星野村謹製

復刻和紅茶
星野村謹製
復刻緑蒼香茶
星野村謹製

復刻緑蒼香茶
星野村謹製

復刻和紅茶・緑蒼香茶
■紅茶の成分■
・紅茶を飲むと なんだかホッとする。
食後の紅茶は胃がスッキリするような気がします。
・みなさんは こんな体験、お持ちじゃないですか?
 実は 「茶」 は 遠い昔から 「霊薬」 「万能薬」 などと言われ、薬としての効果が期待されていたものでした。
 私達が 日々飲む紅茶に使われている茶葉の量に含まれる そんな成分は微量とは言え、体にいいこと 一杯なのです。
ここでは 紅茶の茶葉に含まれる主な主成分である 「タンニン」 と 「カフェイン」 に、どのような効果があるのかをご紹介します。

タンニン・カフェインの効用
タンニン
コクや渋味を出し、紅茶の色や香りにも大きく関係する 紅茶の葉の主要成分。
腫瘍の増殖や転移を抑制する。(制ガン作用)
老化・ボケを防止する。
最近の増殖を防ぐ。(抗菌作用)
酔い覚ましなどの解毒作用がある。
血圧上昇や動脈硬化を抑え、成人病を予防する。
風邪を予防する。(インフルエンザウイルスなどの活性を抑える働き)

カフェイン 苦みの成分。
紅茶の場合は カフェインとタンニンが結合した状態で体内に取りいれられるので、おだやかな効果。
胃液の分泌を促して消化を助ける。
疲労回復に効く。
気分を明るく爽快にする。(興奮作用)
腎臓の働きを活発化し、新陳代謝をよくする。(利尿作用)
血液の流れをよくする。(強心作用)

このように 色々な効果を持つ紅茶。
その上 紅茶を飲んでからスポーツをすると、カフエインのおかげで脂肪排泄量が増加され、ダイエットのお手伝いもしてくれるのだとか。
(この場合、紅茶に砂糖とミルクは入れない方が良いみたい。)
いいこと一杯の紅茶は、ホッと一息の一杯、気分転換の一杯など、色んな楽しみ方があります

↑ページトップへ戻る↑
(c)邪馬台国紅茶工場 all rights reserved 2008