ご注文の流れ
特定商取引法に関する表示

H20年9月8日読売新聞で掲載された
          
         

 今年から星野茶の茶葉を使った紅茶の製造に乗り出しました。茶の生産が盛んな八女地区では、明治時代ごろまで紅茶が作られていたため、「星野復刻和紅茶」として販売しています。
 実家はお茶農家です。幼いころから収穫などの作業を手伝ってきました。八女農高を卒業してお茶農家を継いだが、30歳代半ばで「別の仕事に挑戦したい」と村を出ました。
 父親が他界したことなどを機に3年前に帰郷。残った工場を生かしたいと考えていました昨年夏、友人がお茶で試作した紅茶を飲み、興味を持ちました。すぐに自ら紅茶の製造機器を半年間かけて製作し、今春から生産をスタートさせました。
 「外国産に比べてすっきりとした味わい。和紅茶の星野ブランドを確立したい」と意気込んでいます。
              
©邪馬台国紅茶工場 all rights reserved Since 2008